地震、台風、水害など災害時の停電でもスマホバッテリー切れに耐えられますか?

最近、日本中で自然災害が多いですね。

西日本の大雨・水害、大阪府北部地震、上陸した台風、北海道胆振地方の地震などは記憶に新しいです。

これらの災害が原因の停電で困った人が多いと思います。

私も災害経験者です。

阪神淡路大震災、大阪北部地震、台風21号などなど。

台風21号での停電は記憶に新しいです。

いつも身近な電気が使えないことのつらさを痛感しました。

停電発生

停電が発生したら、

照明が消えて、電気製品が止まってしまいます。

想像するだけでもイヤですね。

私なら、急に停電になったら、すぐにスマホで情報を収集しようとすると思います。

でも、通信会社の機器が停止して頼りにしたいスマホが使えないこともあるかも。

不安感がMAXになったことでしょう。

最新情報がとれない!

世間は今どうなっているの?

私は今どんな状況にいるの?

電気は、私は、これからどうなるの?

まったくわからない!

スマホでネット情報の収集をあきらめます。

スマホを小さな照明器具の代わりに使うことはできますがそれだけです。

でも長時間は使えません。

スマホが使えない

しばらくして -数時間か、数日かわかりませんが- 停電が解消されるでしょう。

照明が点いて、テレビが見れるようになったりします。

電力復旧したらほっとしてスマホで情報収集を使おうとすると、バッテリの残量がない!!

愕然です。

やっと使えると思ったのに。

私が被災した時は、スマホのボタンを押しても何の反応もなかったです。

バッテリーがあがってました。

こんな風に私たちの生活に電気は欠かせないものですよね。

予備バッテリ活躍

近年、異常気象が大きな話題になって、大雨、洪水、台風が発生し、

これに伴う建物の浸水、がけ崩れ、停電など様々な被害を受けることが多くなっています。

アナタは大丈夫でしょうか?

私はこれ以上被災するのは嫌です。

でも、被災を避けることができるかどうかはわかりません。

ただ被災した場合でも、助けを求めるか、自分の身を守るためのわずかな方法を確保したいので、いざというときに備えて、ちょっと前にスマホ用の予備バッテリを購入しました。

いつもバッグに入れてます。

地震、台風などで停電を経験してきたので、ついに決断しました。

買ってよかったと思ってますよ、ほんとに。

スマホのフル充電2回分を予備で確保したんです。

そしたら、この前台風が上陸して停電したときにさっそく役に立ちました。

準備は早めにしておくのがいいですね。

情報収集に役にたったし、夜間にトイレに行くときの照明代わりには欠かせませんでした。

使わないときはできるだけスマホの電源を切っておいてバッテリーの消耗を抑制しました。

この停電は2日とちょっと続きましたが、家族と順にスマホをこまめに使い、

電気が復旧したときは予備バッテリーの残量は余裕でした。

先日、NHKの「週刊まるわかり」という番組でも紹介していました。

いざというときのために、スマホ用の予備バッテリを満充電にして持っておくことも一案だって。

災害時以外の対策にも役立っています。

・ウッカリ充電忘れによるバッテリー切れ

・スマホの使い過ぎによるバッテリー消耗(充電をしっかりしていたのに、SNS/電話/メール/ゲームが重なってバッテリーを使い果たしてしまいました)

単にバッテリー切れならどこかで充電できるところを探せばいいでしょと言われるかもしれませんが、これがなかなか見つからない。

とくに必要としていないときにはスマホの販売店や代理店がよく目につくのに、ホントに必要なときは見当たらないものなんですね。

世の中うまくいかいないです。

まずはスマホの内蔵バッテリー切れ・使用不能を避けるため、予備バッテリーを持ちませんか?

多彩なデザインのバッテリーが揃っています。

残量インジケータ搭載していますので、予備バッテリー切れで突然スマホが使えなくなる心配はありません。

あとどのくらいの時間が使えそうか目安がわかります。

スマホの予備バッテリはココで購入できます。

多機種対応!ここにしかないデザインのスマホアクセサリー販売
【Arts:Labo】



どうせ買うなら「ここにしかないデザイン」を選びましょう。

購買層は女性が中心で、強く支持されています。



さらに!

バッテリのほかにも、スマホまわりのアクセサリーがファッショナブルなデザインで揃っています。

iPhone以外のAndroid機種や格安スマホなどに対応したアクセサリーも豊富にそおっています。

人とはちょっと違うものを持ちたい!持ち物にこだわりたい女性向けの商品がそろっています。

是非ご覧ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする